ハードディスク

どんな状態なのか知る

パソコンが壊れてしまえば誰もが慌てるものである。特に企業だと大事な顧客データや売上管理のデータも入っている場合もある。
壊れてデータ復旧が出来ない状態であれば、企業では大きな損失になり、家庭では思い出が消失してしまう。

詳細を確認する

故障のパターン

データは無傷で救助したいというのは誰もが抱く思いである。このため、データが損傷してしまうパターンの故障は一番厄介な問題となる。
データを損傷させてしまうタイプの故障に関しては以下のパターンがある。

詳細を確認する

ハードディスクの物理的・論理的障害

パソコンが起動しなくなった、アクセスができなくなった、という場合、ハードディスクに問題があることが多い。
こんな時は二つのパターンがあり、そのどちらかによって業者に依頼するか自己処理するかが決まる。

詳細を確認する

誤って削除した場合

誰もが使うパソコンではあるが、誰もがパソコンのことに詳しいわけではない。
中には使い慣れていない高齢者や、子供が使う場合もあり、間違って操作してしまい故障してしまうパターンも多い。

詳細を確認する

慌てず対処する

パソコンで管理しているデータは電子信号でできている。
このため、実際に紙に印刷されなければ場所も取らずに保存も簡単である。
一方、パソコンが壊れてしまえば簡単にデータは消失してしまう。
しかし、どこに異常があるのかを突き止められれば、データ復旧は可能である。

今までは紙で管理していたものをデータで管理するようになったのだから、管理方法が異なるのは当然のことである。
データ復旧を容易にするには、基本的な対処を知ることが大事である。
コンピュータのことは複雑で分からないことも多いが、業者に任せる箇所と自分で対処する箇所を知ることでデータ復旧を無事に行うことが可能になる。